三方よしで貯金1000万円の最短ルート!わかりやすく実践的な副業・節約・投資で月20万貯める

副業で20万円を稼ぐ私がせどりや輸入転売、投資、節約術など最新お得情報を幅広くお届けします!

本せどりの出品数をチェックして利益を倍増させる方法

やっぱりね
他人との競争がない状態って強いんですよね

あれですよ
ブルーオーシャンってやつ

Amazonで"本を売る"なんて基本的には競争相手だらけなんですけどね

毎年8万種類も本が新しく出版されりゃーそりゃ中には自分しか出品してないという本が出てきます

今日は改めてあなたの在庫をチェックして時には強引にブルーオーシャンにして利益を倍増させようって話です

目次

在庫チェックしてる?

この記事を見たらすぐに在庫のチェックをして下さい

出品数が1の商品はありますか?

あったら利益が何倍にもなるチャンスですよ

俺様価格にしてみよう

出品数1の商品はあなたしかAmazonで販売していない商品なんです

そういった商品って高くてもどうしても欲しい人は買ってくれます

というわけで大胆に値上げしましょう!

この値上げした値段がなぜか"俺様価格"って呼ばれてるんですよね

いくらにするのがいいと思いますか?

これは特に正解はないのであなたの想像力の出番です

私は定価の3〜10倍で付けてます(幅広すぎ…)

いや本や状況によって違うんですよねこれは

私だったら
ニッチで需要があるけど出回りにくいような本は高くつけるし
すぐにライバルが現れそうな本だったら低めにして早く俺様価格で売り切る

あなたの商売センスが試されますね

最近だと私はこの本
歯科衛生士のための健康志向の診療室づくり
を俺様価格8000円で売り切りました※現在は売り切れてますね

モノレートで確認すると相場よりだいぶ高く売れてますね https://mnrate.com/item/aid/4816010130

出品数2に注目

出品数1の商品を高くするなんて結構基本的な事なので

一歩進んでみましょう

出品数2の商品にも注目です

相手の商品買い占めて独占して俺様価格で両方売れたら最高じゃないですか?

まぁ世の中そんなに甘くはないのでそんなにバンバンこの状況にはならないし
買い占めたら後からドンドンライバルが登場なんて事もあります

買い占め条件としては
・Amazonの新品が補充されない本(やや古い本?)
・モノレートで確認して頻繁に出品数が増えない本(ランキングはやや悪い50〜80万)
・自分とライバルがともに500円以下(それ以上の値段なら慎重に分析)

この条件が揃ったら思い切ってやってみましょう

出品数がすでに少ない商品なのでそうそう値下げ合戦で大赤字になる可能性は低いです

在庫としては長く鎮座する可能性が高いので
資金に余裕がない人
在庫スペースに空きがない人
にはオススメ出来ません
注意しましょう!

最後に

出品数が1と2の商品に関してはこうやってちょっと工夫するのも面白いですよ

労力に対してのリターンが大きいですから

ただ私は販売額に関しては基本的には最安値派なんですけどね

在庫が増えてきたのに、これはいくらにして、こっちはいくらにして、あっちは値下がりしたからいくらにして…

こんな事にやってたらかなり時間取られますからね
その時間仕入れした方がよっぽど有意義です

副業の限られた時間でいかに利益を出すかは
自分の作業の効率化と取捨選択がとても大事です

意識していきましょう!

現在本せどりのコンサル生募集中です

同行仕入れは売り切れました
また改めて募集する予定なので少々お待ち下さい

先日実際に新宿まで同行仕入れに行ってきました!
店舗で2時間、本せどり初めての方だったので細かく説明しながら目の前で仕入れを体験してもらいました

「200円の本が3000円って凄いですね!」
こんな風に喜んでくれるとこちらも嬉しいですよね

仕入れた本をお土産にしてもらったので費用はそれなりにペイ出来るし、かなりお得だったかなと思います

ちなみに今募集中のコンサルの方も実は費用がペイ出来るようになってるので自分で言うのも何なんですけどかなりお得です(同行仕入れ同様に見るべきポイントは伝えますしね)

私を信頼してお金を払ってくれた人に対しては少なくとも損はしないように意識してます

その為の情報は惜しまないのであとは行動するのみです!
行動は代わってあげられませんからそこはお願いしますね

yocoya(@yocoya1000)でした
↑ツイッターのフォローお願いします!

私が主催する副業系LINEグループメンバー募集してます
「三方よしでいこう!」現在83名
本せどりのコンサル生の方はもちろん本だけじゃなく各ジャンルの専業せどらーやもちろんせどり初心者の方も大勢います
参加しないことが機会損失です

ではまた!