三方よしで貯金1000万円の最短ルート!わかりやすく実践的な副業・節約・投資で月20万貯める

副業で20万円を稼ぐ私がせどりや輸入転売、投資、節約術など最新お得情報を幅広くお届けします!

Amazonせどりの新手法2017で稼げるのか【書評】

月初は前月の報告ばかりになってしまいますね。

今日はせどりの話題です。

私は副業で本せどりをやっています。

本せどりは仕入れのついでに気になる本を購入して読む事が出来ます。

先日この本が安く手に入ったので読んでみました。


目次

「Amazonせどりの新手法2017」で稼げるのか

えっといきなり結論から言います。

「その通りにやれば一応稼げるけど全く新しくはない」

タイトルに新手法と入ってるわりに目新しい事は特にないです(笑)

むしろせどり初心者向けの内容です。

せどりの基本的なやり方、せどりジャンルの選び方、それぞれのメリット・デメリット、資金管理の方法など具体的な数字も出てきて親切な解説本です。

初心者向けの本だと思って読めば悪くないのですが、タイトルの付け方が明らかに間違えています。

内容的なツッコミを入れるなら、本せどらーの私からすると本せどりをちょっと甘く見過ぎですね。
例えば
「ブックオフの108円コーナーで100冊仕入れれば2〜3万の利益が出ます。」 →今のブックオフの108円コーナーの厳しさを知らないだろ!って感じですね(笑)

108円コーナーで100冊探すなんて時間の無駄です。

まず新手法とタイトルに付けておいて、本せどりと言えばブックオフという発想が甘い…

せどりの勉強に本とネットどっちがいい?

せどりのようなネットビジネスの情報は本よりもネットの方が早いです。

なので日頃からせどりについて調べている人(中級者以上)にとっては本で得られる情報はあまり無いように思いました。(確認の意味で見直すのはいい事ですけどね。)

ただ、せどりについてあまり知らない人には本をオススメします。

なぜなら必要な情報が整理されているため理解する時間が短縮されます。

ネットは時間を掛ければ同じ情報が手に入りますが、初心者の方にはその情報が必要なのかどうかの取捨選択が難しいです。

それなら本は1000円はかかりますが、それで最短ルートを通った方がコスパが高いように思います。

さらにネットの場合は明らかに嘘もありますからね… こんな事で捕まるのは嫌ですね。

まとめ

Amazonせどりの新手法2017は目新しい情報はないが初心者向けの本としてはオススメ出来ます


久しぶりにせどりの本を読みました。
200〜300円の利益を得つつ本も読めてブログのネタに出来る、いい相乗効果ですね。

せどりを始めるのに高価な情報商材とかいらないですよ、1000円の本かネットで調べるだけで充分スタート出来ますよ。


そういえば、こんな情報商材を思い出しました。

とあるオークションサイトで「両替せどり」という手法を販売していました。

ん?両替で稼げるの?と思いきや調べてみるとまさかのFXの教材らしいです(笑)

これは本当に笑っちゃいました(笑)

円を外貨に両替して差益を得る→せどり?

モノは言い様なんですかね…これでお金払った人のうち誰が納得するのか売ってる人に聞いてみたいものです。

全部が全部こんな情報商材ではないのでしょうけどね。

ただ情報商材ってコレと似てるよなぁって日頃から思ってるんですよね。

雑誌の裏に載ってるお金持ちになる石

これって本当なら販売者は売らない方が金持ちになるはずじゃないですか?だって持ってるだけでお金持ちになるんですよ(笑)

情報商材も本当に儲かる手法なら公開しない方がブルーオーシャンのまま稼げます。
じゃなんで公開するのかと言ったらその手法で稼げるピークを過ぎたからじゃないの?とちょっと思っちゃいますよね。