三方よしで貯金1000万円の最短ルート!わかりやすく実践的な副業・節約・投資で月20万貯める

副業で20万円を稼ぐ私がせどりや輸入転売、投資、節約術など最新お得情報を幅広くお届けします!

ブルーカラーの人手不足問題。働くメリットは?人手不足は私にも直撃中

あの…なんだか最近忙しいんですけど

本業が。
まぁ本業だから仕方がないんですけどいわゆる繁忙期だから忙しい…とかならゴールの時期が見えてますよね?

違うんですよ

シンプルに働き手が足りない

どうしたもんでしょうか
まぁ末端のブルーワーカーがなんとかするには問題が大きいのですが

今日はいつものお金の話からは少し離れてそんなお話です

目次

◆ブルーカラーはそんな辛い?

そもそもブルーカラーとかホワイトカラーとかよく言いますけど

ものすごく簡単に説明すると
・ブルーカラー→作業着着てる現場系の仕事
・ホワイトカラー→Yシャツ着てるオフィス系の仕事

まぁこれだけでニュアンス伝わりますよね?
私は港湾関係の仕事でバリバリブルーワーカーです

総務省の労働力調査年報を見ても残業時間が多い職業
・運輸業
・建築業
・宿泊、飲食サービス業

ブルーカラーばっかりやん…
つまり人手不足なんですよね

でですよ
実際ブルーカラーってそんなに辛いと思います?

イメージとしてはキツイ、汚い、危険のいわゆる3Kがあるかもしれないですね

個人的にはブルーカラーを職業の選択肢に入れた方が生きやすくなると思いますよ

◆ブルーカラーのメリットは?

★就業時間がキッチリしている
サービス残業なんてありません。タイムカードでキッチリしています

仕事の後に予定を入れても大丈夫です

先ほど残業時間が多いみたいな話をしていましたが、あくまで業界次第
私のところはまだまだホワイトカラーに比べると少ないと思います

★休みが取りやすい
カレンダーやシフト通りで休みは取りやすいです

有給も申請しやすいですね
ちなみに私は来週から1週間慶事休暇もらえました

★転勤が少ない
総合職が少ないので転勤は少なめです

まぁ役職や人によりけりですけどね

★人間関係がシンプル
ホワイトカラーに比べるとコミュ力は必要ないですね
男ばかりの職場だからだと思います

…良くも悪くもですね

まとめるとメリットは
・就業時間がキッチリしている
・休みが取りやすい
・転勤が少ない
・人間関係がシンプル

こんなところですね

反対にデメリットはと言うと
危険と給料が上がりにくいといったところでしょうか

給料はスタート地点が400万円でそこからあまり上がらない…みたいな仕事が多いですね

ホワイトカラーと比べると給料は徐々に差が開いていきます
あくまで傾向ですけどね

なので
給料はそこそこでライフワークバランスを大事にしたい!って人なんかピッタリじゃないですかね

◆最後に

私はホワイトカラーよりもブルーカラーが良いからこっちに来い!って言いたいわけじゃないんですよ

労働環境なんて会社次第、さらに部署次第で全然変わるから運の要素もありますもんね

1番言いたいことはどちらが優れているかとかではなくて
自分で自分の選択肢を狭めるなってことですね

こんな人手不足の業界もあるんだから今の会社が辛くて辛くてしょうがないって人は無理して働くことないですよ

選択肢はたくさんあります!

思ってるより悪くないですよ

個人的な話になりますが、私は港湾系です。まぁ会社の考え方が古いしフットワークも重いですね(悪くないと言いながらいきなりディスる)
実際平均年齢も高い

今時こんな昭和な感じで働いてる人いるのかなって思うこともしばしば…

これはまぁ良い部分でも悪い部分でもあるんですけどね

これからさらに人手不足になることは間違いないです

週3〜4日で働いたり、2〜3ヶ月働いて1ヶ月休むような色々な働き方が出来るようになるといいと思うんですけどね
限定社員ってやつですか

私は副業をやるようになって"会社員として生きる"以外の選択肢もあると気づきました

だからって簡単にフリーランスという選択も家族がいたりとなかなか難しいというのも分かります

そんな人に正社員と契約社員の中間みたいな存在がもっとあるといいですよね
会社側も人手不足が多少緩和するしまさにwin-win

なかなかそんなフットワークが軽い会社はまだ少ないですけどホワイトカラーよりもブルーカラーの方が実現しやすいと思うんですよ

現に佐川急便は週休3日制を導入、ヤマト運輸も検討中とのこと
この流れが広がることを願ってます

ちなみに副業の成果はこんな感じです

yocoya(@yocoya1000)でした
よかったら投資・本せどり・FP相談・ブログ関連なんでも相談やコンサルしますよ!まだ思いつきなんで無料です(そのうちマネタイズするかもしれないんでお早めにどうぞ)

現在コンサル中の方は2名です。
お気軽にツイッターやコメント下さい!

紙の通帳に手数料だって?全く問題ない。むしろ良いとさえ思う。

超低金利で銀行も苦しいですね

三菱東京UFJ銀行は"紙の通帳を有料化する"ことを検討しているそうです

まだ検討ですけどね

先日も銀行員の転職希望者が急増!なんてニュースになっていました

銀行がかなり厳しいですね

ところで紙の通帳って使ってます?
私は紙の通帳の有料化はむしろいいと思いますよ

やれやれ
早くやれ!って感じです

目次

◆ほとんどの人は無料で済む

総務省の"我が国の情報通信機器の保有状況の推移"を見てみるとスマホ・パソコンの普及率って両方70%以上です

どちらか持っていれば紙の通帳からネットバンキング(ネット通帳)に切り替え出来ます

すなわち、かなりの人は有料化しないで済みます

それでも嫌なのは切り替えが面倒だから?
紙の通帳の方がメリットがあるから?

どう思います?

◆ネットバンキングと紙の通帳の比較

★コスト
・ネットバンキング→無料
・紙の通帳→年額200円(検討中)

ネットバンキングが優位!

★残高を見る
・ネットバンキング→スマホでパスワードを入力すればいつでもどこでも確認可能
・紙の通帳→ATMに印字が必要。いつでもどこでも確認するには通帳の持ち運びが必要

ネットバンキングが優位!

★振込時
・ネットバンキング→ スマホでパスワードを入力すればいつでもどこでも確認可能
・紙の通帳→ATMで操作しなければならない、また現金だと営業時間外の振込が出来ない

ネットバンキングが優位!

★セキュリティ
・ネットバンキング→忘れないためにパスワードが全て同じ…などの条件下で不正アクセスや他の被害に合う可能性。またスマホ紛失時にパスワードを掛けていなかった場合なども同様
・紙の通帳→現物盗難、またATM操作時のパスワード覗き見の機会増

ネットのセキュリティ意識が低い場合は紙の通帳の方が優位!

パスワードをしっかり設定してちゃんと管理すればネットバンキングが全て優位だしお得です

また銀行側も無駄なコストが減るしまさにwin-winです
銀行潰れていいんですか?ネットバンキング設定するより面倒なことが起きますよ

◆家計簿がいらなくなるよ

ネットバンキングを設定すると家計簿アプリと連携できます、無料でも出来ますよ

マネーフォワードやZaim、マネーツリーです
(私はいつもの通りマネーフォワード推しですけどね)

この家計簿アプリにネットバンキングやクレジットカードを連携することでアプリを開くだけで家計のお金の動きが分かります

家計簿をチマチマつける必要はなくなります

また、クレジットカードはいくら使ってるのかが分かりにくいという声をよく聞くのですが

家計簿アプリでその問題がかなり解決します

なんせ開くだけでクレジットカードの使用額も出ますから

本当はポイント分が付くからクレジットカードがお得なのに使わないのはもったいないですよね

今回紙の通帳が有料化!というのは表面的に見たら単なる値上げっぽく見えますが、ネットバンキングに移行する良いキッカケになると思いますよ

まぁしかし…紙の通帳のコピーを提出しろ!とか無きにしも非ずなんですよ

公的な機関もある程度柔軟に対応してもらわないと利用者は困りますよね

家事年収シミュレーターには致命的な欠点がある

あなたの家事の値段はいくらだと思いますか?

先日大和ハウス工業が日々の家事を年収として換算する「家事年収シミュレーター」を発表しました

なんとなく面白そうだなと思って私もやってみました!

でもこの家事年収シミュレーターには致命的な欠点がありますね…

◆ 家事年収シミュレーターとは?

大和ハウス工業が1月9日、家事に必要な労力を年収に換算する「家事年収シミュレーター」を同社サイトで公開しました

特徴は「脱ぎっぱなしの服をクローゼットにかける」「不要なチラシを捨てる」といった家事として認識されにくい「名もなき家事」まで数値化できるという部分です

「掃除・ごみ捨て」「生活」「洗濯」「料理・買い物」「育児」という5つの項目毎に6つの選択肢から選んでいくと、労力と時間に見合った金額を年収として算出する仕組みです

まぁ簡単なので気になったらやるのが早いですね 特に登録とか必要ないから気軽に出来ますよ

でも算出して気づきました
致命的な欠点に…

◆ 家事年収シミュレーターの欠点

シミュレーターの答えの水準を家事代行を頼んだらこんな結果にならない
これ試しに全部目安の時間で答えてみたんですよ

そしたらこの結果 1,584,799円

これ家事代行でこの水準で頼んだら収まると思いますか?

色々調べると2017年の家事代行サービスの相場って
1回2時間で5500円〜9000円なんですね

先ほどのシミュレーション結果の1,584,799円の予算があります
1番安い5500円の家事代行サービスを使ったとして1年間で288回使えます

2時間×週6回弱で名もなき家事も含めた家事+子育て全部行えますか?

どう考えても無理です

アウトソーシング出来ないとしたら…
この数値には何の意味もありません

このシミュレーターの使い道って例えば専業主婦がバリバリ働いて

「シミュレーション結果+夫の扶養控除額(年金や保険)+パート代」

これを上回る程に稼げるなら就職した方が得!みたいな目安にする

とかこんな使い道ですよね

シミュレーション結果が甘いとハッキリ言ってシミュレーションすること自体の意味がね…

「へー年収150万円なんだー。で?」ってなもんですよ

まぁそんなガチでツッコミする程真面目に作ってないかもしれないですけどね

遊びなら手軽で面白いかもしれません

◆まとめ

家事年収シミュレーターは実際に家事代行サービスを頼んだ場合との数値に差があるため参考にならない

先日"専業主婦は2億円損する"って本が良くも悪くも話題になってましたね

どう思います?

我が家は扶養のパート主婦です

2億円損ですかね

うちの奥さんが年収500万で就職できて子供ができても上手い具合に私と協力して続けられたらそうかも…実際にはなかなか難しいかなとも思いますけど

現実的に年収300万円でまぁまぁ忙しい正社員になったとしたら家事を分担することになりますよね

すると私の副業のパフォーマンスが落ちる

家事の分担をやめて一層のこと家事代行サービスに頼むとしたら年収300万円じゃ割に合わない
扶養のパート専業主婦の方が手元に残ります

要するに奥さんがある程度稼げる力を持っているなら共働きが良いわけですよね

難しい問題です、家事も大変ですからね

金銭面よりも夫婦で"どう暮らしていきたいか"の方が大事な気がしますね